公開講座

2019年度

一般社団法人 千葉大学経済人倶楽部・絆 主催

公開講座

地域に開けた学びの場を創出するために、
千葉大学の教員が行う公開講座を実施いたします。
公開講座では地域住民のみなさまに、
知識の獲得はもとより、学ぶことの楽しさを改めて
体験していただくことを目的としています。

日程:2020年2月~3月
費用:一般 24,000円 (学生 8,000円)
場所:千葉大学 西千葉キャンパス アカデミックリンクセンター
形式:90分講義×8回の大学講義形式
※会場は変更になる場合がございます。 ※千葉大生 高校生は無料

会場:千葉大学アカデミックセンター内 セミナールーム


セルフコーチング

開催日:2020年1月13日(月・祝)

受講料:一般 2,000円

場 所:千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館

講義申込

為末大

為末大 元陸上選手

       

1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2019年10月現在)。現在は、Sports×Technologyに関するプロジェクトを行う株式会社Deporate Partnersの代表を務める。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。主な著書に『走る哲学』、『諦める力』など。

予防医学の未来

開催日:2020年2月4日(火)~3月24日(火)

受講料:24,000円 オムニバス形式・全8回

講義申込・詳細情報

森千里

キュレーター

森千里 教授

       

1984年旭川医科大学卒業、同年京都大学医学部助手。カナダマニトバ大学医学部客員講師、米国国立衛生研究所客員研究員、京都大学助教授を経て2000年に千葉大学医学部教授に就任。2001年より千葉大学大学院医学研究院環境生命医学教授。2008年より千葉大学予防医学センター長兼任。専門は、環境生命医学、発生学、解剖学。著書に「胎児の複合汚染」(中公新書)、「鷗外と脚気」(NTT出版)等。

よりよく生きるを考える

開催日:2020年2月17日(月)~3月19日(木)

受講料:24,000円 オムニバス形式・全8回

講義申込・詳細情報

増島麻里子

キュレーター

増島麻里子 准教授

       

千葉大学看護学部卒業後、国立がん研究所センター中央病院で看護師として勤務。2008年に千葉大学大学院看護学研究科にて博士(看護学)取得。2009年より現職。2014年10月文部科学省科学研究費補助金審査委員表彰。近年取り組んだ研究課題は、「慢性疾患高齢患者の終生期の充実に向けた市民・医療をつなぐ情報共有システムの構築」、「がん患者のリンパ浮腫を予防・軽減するための長期的な看護援助に関する研究」など。

データサイエンス

開催日:2020年2月17日(月)~2月20日(木)

受講料:24,000円 オムニバス形式・全8回

講義申込・詳細情報

松元亮治

キュレーター

松元亮治 教授

       

京都大学理学部卒業後、京都大学大学院理学研究科に進学し、宇宙物理学を専攻。1988年京都大学理学博士。同年、千葉大学教養部講師に採用(情報科学)。千葉大学理学部助教授、教授、千葉大学理事(研究担当)を経て2017年より千葉大学大学院理学研究院教授。専門は宇宙物理学。計算機を用いた数値実験によって天体現象を再現し、その物理機構を解明する研究に取り組んでいる。

住み続けられるまちづくり

開催日:2020年2月4日(火)~3月27日(火)

受講料:24,000円 オムニバス形式・全8回

講義申込・詳細情報

上野武

キュレーター

上野武 教授

       

東京大学大学院建築学専攻修士課程修了後、1992年上野藤井建築研究所(UFA)を設立・主宰。現在、千葉大学教授、同キャンパス整備企画室長、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)責任者。おもな著書に、『地域と大学の共創まちづくり 』(共著)、『大学発地域再生 』(単著)など。主な設計作品に「北の住宅-(I SAPPORO)」、「九州工業大学先端教育コラボレーションプラザ」など。